専業主婦がフリーローンを利用する場合の審査内容

何かでちょっとお金を借りたい時には、フリーローンがお勧めです。

 

住宅ローン教育ローンのように、目的が定まっているものではなく、
自分で目的を決めて使えるローンのことで、いわゆるカードローンなどがその代表です。

借入目的が決まっている時は目的別ローンが参考になります!

 

フリーローンの申込方法

フリーローン審査

フリーローンの申し込み方方法は簡単で、申し込み用紙と共に本人確認収入証明証を持参して、
審査の結果を待ち、通ればお金を借りることができます。

 

専業主婦のフルーローンの申込方法

自分の収入が無い専業主婦がフリーローンを利用する場合は、どのようにすればいいのでしょうか。

 

この場合は配偶者名義で申し込みをすることになります。
ですから申し込み用紙の記入事項には配偶者の個人情報を記入し、必要書類も配偶者の物を準備します。

 

また審査の際に、配偶者の信用情報にブラックがあるとか、
他のローンの返済が頻繁に遅れているような場合は、通らないこともあります。

 

フリーローンは銀行と消費者金融でどちらが良いの?

フリーローンを利用する場合は、銀行カードローン消費者金融のどちらかから選ぶことができます。
銀行は審査は厳しいのですが金利は低く、逆に消費者金融は、審査は緩いのですが金利が高くなります。

 

また消費者金融の場合は総量規制があり、年収の3分の1以上に当たる金額の借り入れができません。

 

これはすべての消費者金融での借り入れが対象となります。
もし他にも消費者金融を利用している時は、金額によっては新規に借りることが不可能なこともあります。

 

特に専業主婦が配偶者名義で、消費者金融でお金を借りる場合は、配偶者が他にも
消費者金融から借り入れている時は、この総量規制に引っ掛かる可能性もありますので注意が必要です。

 

それ以外にも専業主婦が消費者金融を利用する場合は、配偶者の借り入れ可能な枠からお金を借りることになるため、
事前に配偶者の同意が必要になります。

 

しかし、同意を得ずに内緒で借りたい時という時ももちろんあります。
そのような場合には総量規制対象外の消費者金融かである銀行カードローンを利用するのがお勧めです。
銀行は消費者金融とは違う銀行法が適用されていますので総量規制の対象外になります。

便利なフリーローン比較サイトはこちらから