銀行・消費者金融のフリーローン審査比較

銀行フリーローン,審査

銀行のフリーローンは一般的にカードローンとして提供されているサービスです。
要するに「使途に制限が少ないカードローン」の事をフリーローンと言っている訳ですので、それぞれを敢えて区別して考える必要はないと言えます。

 

現状、カードローンと言えばフリーローンを指すことがほとんどである為、ここでは「カードローン」として表記していきます。

便利なフリーローン比較サイト

低金利のおすすめ銀行フリーローン比較でしたらこちらから

即日借りたい時に便利な消費者金融比較でしたらこちらから

 

フリーローンへの申し込み

カードローンを利用する為には、希望する商品を提供している消費者金融や銀行に対して「利用したい」と言う意思を示す必要があります。
つまり「申し込み」と言うアクションを取ることで意思を示すことになるのですが、だからと言って全ての希望者に対してお金を貸し付けられる訳ではありません
希望者個人を様々な基準で「審査」することで候補者を絞り込みます。

 

フリーローンの審査に通らない人もいる

より安全性が高い(返済能力が高い)と判断された人に対しては貸し付けを行うのが通常です。
安全性が低い(返済能力が低い)と判断された場合には希望を却下されてしまう可能性があります。

 

また、現在は「総量規制」の影響も考慮する必要がある為、これによって根本的に契約が出来ない状況にある人というのも存在しています。
総量規制は年収に対する借入れ制限を設けている法律ですので、そもそも年収が無ければ借り入れが出来ないのです。

 

銀行と消費者金融のフリーローンを比較

一般的に、消費者金融・銀行を比較すると「消費者金融の方が審査基準が低い」と言うことができます。

 

消費者金融は総量規制による貸し付け制限などもあり、銀行と比較すると金利が高く設定されていると言ったデメリットはあります。
しかし契約のしやすさと言う面ではメリットもあるのです。

 

一方、銀行の場合、年収が無くとも契約できる可能性があると言ったメリットがあります。
しかし、場合によってはこの基準の高さがネックになってしまう可能性もあります

 

それぞれ、明確な基準に関しては明らかにはなっていないものの、おおむね「年収・勤務環境・債務状況」で判断されることになります。
その際、より柔軟な対応が期待できる方が審査基準が緩いと表現されることが多いです。


即日借りたい時に便利な消費者金融ランキング

プロミスプロミス

プロミスだったら困った時に借りられる!

平日14時過ぎても土日祝でも
ネットで申し込んで、審査通過後に自動契約機に行けば借りられる!
瞬フリ(24時間365日クイック振込)も利用可能!
※三井住友銀行またはジャパンネット銀行カードが事前に必要です。
プロミスレディースも女性の方に人気があります!
>>プロミスレディースの詳細はコチラから!

プロミス

モビットモビット

モビットの便利な申し込み方法は2種類!

10秒簡易審査
即日審査で即日融資も可能なサービス
※曜日、時間帯によっては振込が翌日になる場合もあります。
WEB完結申込
職場電話連絡無し!自宅郵便物無し!秘密重視のサービス
※WEB完結申込の利用には三井住友銀行まとは三菱東京UFJ銀行の口座が必要です。

モビット

アコムアコム

アコムの即日審査

借入審査の回答は、最短30分!!
アコムの即日融資
即日融資は、最短1時間で借入も可能です!!
アコムHPで3項目の入力で簡単借入診断ができます!
今なら30日間金利0円サービスも実施中!
※金利0円サービスはアコムの利用が初めての方に限ります。

アコム

フリーローンの審査に通らない人の特徴とは

銀行フリーローン,審査

フリーローンを利用する為には、いくら希望したとしてもサービス提供者側の審査をパスする必要があります。

 

当然、この審査をクリアできなければフリーローンを利用することができません。
不安のある人は「より柔軟な判断が期待できる会社」に申し込みをすると言った工夫が必要になります。

 

フリーローンの審査に通らない人の特徴にはいくつかのパターンがあります
そのパターンを知っておくことで自分の結果をある程度予測することも可能となる為、申し込み前に知識として身に着けておく事をおすすめします。

 

延滞や滞納の経歴がある人

まずは基本的な部分ですが、契約を断られてしまう可能性が非常に高い人がいます。
それは、消費者金融・銀行を問わず「過去に債務を延滞・滞納したことがある」と言う人の場合です。

 

そういった過去があるからと言って絶対に審査が通らないと言う訳ではありません。
しかし、少なくとも延滞や滞納の履歴が個人情報機関に登録されている間は契約が出来ない可能性があります

 

一般的に、5年ほどは情報が登録されると言われているため、この期間内にそのような状況があった場合には申込み自体を考え直す必要も出てきます。
ただ、仮に期間は十分に空いているとしても情報が残っている場合もある為、申し込み前に自分で情報を照会しておくと安心が増します

 

他社で借り入れがある人

また、すでに他社からの借り入れがあると言う人も契約を断られてしまう可能性が高くなります。
特に消費者金融の場合、「総量規制」の影響があるので物理的に契約出来ないという可能性もあります。

 

銀行であれば制限はないものの、業界全体として総量規制を一つの基準として判断する風潮が強くあるのも事実です。
なので、制限はないと言ってもその範囲内であることを意識しておく必要があります。

 

基本的には審査が通らない人の特徴は上記のような人ですが、「金融事故を起こしてから日数が浅い」場合も断られる大きな要因となります。
特に同じ会社で事故を起こしている場合、期間を過ぎても契約出来ない可能性が高いので注意が必要です。


フリーローンの審査に落ちた人の特徴とは!

銀行フリーローン,審査

給料日前になると、いつも財布の中身が少なくなくなってしまうので、食費を削って生活しているという方は少なくありません。

 

普段は何とかやり過ごしているけれど、そんな方が冠婚葬祭で急にお金が必要になるとどうしようもありません。
そこで、信頼できる金融機関にフリーローンを申し込むという選択肢が出てくるわけです。

 

フリーローンは用途が自由

フリーローンは使用用途が自由で、住宅ローンや自動車ローンのように、決まった目的のために借りるものではありません。
そのため、冠婚葬祭や旅行、欲しい商品があるときなど、いつでも好きなことに利用できるのが魅力です

 

消費者金融でフリーローンを申し込むことも出来ますが、金利の高さが気になるのであれば、低金利で利用できる銀行から借入するとよいでしょう。

 

オススメは銀行系フリーローン

銀行なら企業としての信頼度が高いので、安心して利用することが出来ますし、金利が低いので、たくさん借りてもそれほど返済が長引かなくて済みます。

 

銀行にフリーローンを申し込みたいときは、店頭窓口に行く以外にも、電話やインターネットからでも出来ます。
店舗が近くになくても、いつでも好きなときに利用することが出来るのはありがたいですよね。

 

申し込み後は審査が行われるので、それに合格しないと借入することは出来ません。
しかし、基本的に安定した収入のある、20歳以上で65歳前後の方なら大抵は受かるので、気軽に申し込むようにしましょう。

 

フリーローンの審査に落ちた人の特徴

銀行にフリーローンを申し込んだにもかかわらず、審査に落ちた人の特徴もお伝えしておきます。
それは無職だったり、過去に自己破産などの債務整理の経験があったり、現在他社から多額の借入れをしているなどです。

 

収入がない無職の人が借入しても、返済の見込みがないと思われるのは当然のことです。
債務整理や多額の借入れなどをしている方でも、本当に返せるのかと疑われ、審査落ちしてしまうのは仕方がないことですよね。

 

ただし債務整理の記録は一定時間が経過すれば、信用情報機関のデータから抹消されるという特徴もあります。
なので必ずしも債務整理をした経験のある人が必ず審査に落とされるというわけではありません


銀行フリーローンの審査の際に欠かせない必要書類にはどんなものがあるのか

銀行フリーローン,審査

銀行フリーローンを契約しておくと助かる理由。
それは日常生活でお金が不足して困った時、手軽に不足額を埋め合わせることが可能となるからです。

 

銀行からのお金の借り方は様々

融資には担保型のものと無担保のもの、さらには保証人つきのものと保証人不要のものが存在しています。
これらは借り入れ金額のレベルや目的によっても条件が大きく異なってくるものです

 

もしも数万円から数十万円、場合によっては数百万円といった程度の融資であれば、無担保かつ保証人不要の融資サービスが適しています。
申し込み方法も簡単でスピーディーに契約を行うことができるのが特徴です。

 

また、融資のタイプにも目的別に合わせて様々なものがあります。
しかし、フリーローンを選択しておけばその融資金の使用用途を限定されることもなく自由に使えるので大変便利です。

 

銀行フリーローンの特徴

銀行が提供するフリーローンの場合、消費者金融の融資基準とは異なり総量規制の対象外となります。
つまり審査条件によっては年収の3分の1を超える融資を受けることも可能なのです。

 

そのため専業主婦学生といった無収入の人でも条件次第で借り入れが行えることも多いです。
またサラリーマンなどで一定の所得のある人でも年収の3分の1を超える融資を受けることができる場合もあります

 

フリーローンの申し込み方法

これらのフリーローンの申し込み方法は、それを提供する銀行によって大きく異なる場合もあります。
しかし、主にネットや電話、自動契約機、店舗窓口などを使って申請フォームを利用する場合がほとんどです。

 

基本的に記入するのは、氏名、生年月日、住所、勤務先、年収、家族構成、他社からの借り入れの有無などといったものです。
その上で必要書類の提示も行わねばなりません。

 

フリーローンに必要な書類

必要書類としては本人確認用の書類として運転免許証やパスポート、健康保険証、顔写真付きの住民基本台帳カード。
そして年収を確認するための書類としては源泉徴収票、所得証明書、確定申告書、勤務先からの給与明細などといったものが必要となります。
※本人確認書類は顔写真つきの住民基本台帳カード、免許証・パスポートで、健康保険証の場合は別途書類が必要になります。

 

無収入の人がフリーローンの申し込みを行う際には家長や夫などの収入を確認できる書類を提示しなければならない場合もあります

便利なフリーローン比較サイトはこちらから


「フリーローン審査で大事なこと!審査落ちしないための必要条件」の関連情報